看護科

総看護師長からご挨拶

総看護師長

総看護師長 長谷川 和子
今年の2月1日から、新病院での診療が開始となりました。病院の引っ越し期間中は、休診させていただき、大変ご迷惑をおかけしました。駐車場やカルテの新システムの導入など、まだまだご不便をおかけすること大変申し訳ありません。このような中ではありますが、私達看護部は、理念である「笑顔でよりそい、あたたかい看護を届けます。」をもとに、患者さんとしっかり向き合っていきたいと思います。そして、どのように対応することが患者さんにとって一番よいのかを考えた看護・介護を実践していきます。

看護部理念

笑顔でよりそい、あたたかい看護を届けます。

看護部方針

1、一人ひとりを大切にした看護を提供します。
2、地域と連携しながら健康で自立した生活を支援します。
3、職員がイキイキとやりがいを持って働ける環境を提供します。

平成28年度看護部目標

1、情報を共有し、安心・安全な看護ケアを提供します。
2、信頼が得られるような接遇を実践します。
3、職員が安心して働ける職場環境づくりを目指します。
4、病院経営に参画します。
5、地域と連携した継続看護を提供します。

平成28年4月1日 府中市民病院 看護部

部署紹介

手術室

手術室では外科、泌尿器科、整形外科の手術が行われており、5名の看護師が配属されています。患者様に安心して安全に手術を受けていただけるよう全身・腰椎麻酔を受けられる患者様に術前・術後訪問を実施しています。手術は麻酔別パスを使用し、記録時間の短縮に努め、手術看護経験年数に関係なく、質の高い看護を提供できるように取り組んでいます。また、特殊な器機を使用することが多いので、カンファレンスを行い、情報を共有するとともに、日々学習し、自己研鑽に努めています。「笑顔と知識で患者様に安心を、チームワークと技術で安全に」をモットーに頑張っています。

透析室

ベッド数は22床です。通常の血液透析以外に、腹膜透析・血液濾過透析などの治療や血漿交換などの特殊な血液浄化療法も行なっています。
透析室では長時間の透析を受けられる方が快適に過ごせるように温度差の大きい暖気や冷気ではなく、やさしい暖気や冷気を供給できる新しい空調設備を導入しました。医師・看護師・臨床工学士がそれぞれの立場で連携をとり、安全でより良い透析療法を目指しています。常に明るく笑顔でいっぱいの透析室です。

外来

外来は、9の診療科と内視鏡室を持ち、看護師24名とクラーク6名で看護を提供しています。「患者さんに寄り添う看護をする」をスローガンに患者さん目線での対応や接遇の強化に取り組んでいます。一日平均患者数は、約300人で、不特定多数の患者さんを瞬時に判断し対応していかなくてはならない高度なコミュニケーション技術と判断能力が求められている部署です。
スタッフ一人ひとりが看護師としての役割を認識し、受診された患者さんが安心・納得して診察が受けられ、治療が継続できるよう、思いやり・気配り・心配りで看護支援を行なっています。また、他職種との連携、地域連携室との協働体制強化により、患者さんの健康や生活を支えることができるよう、力を合わせ頑張っています。

3階東病棟

 主に内科疾患の患者さんが入院されている定床50床の病棟です。内視鏡治療、糖尿病の治療、教育入院、腎不全、心不全、肺炎の治療、緩和ケアなどの多岐に渡る看護を実践しています。中でも80歳代後半の高齢者の肺炎患者さんが多く、認知症の患者さんも少なくありません。そして平成26年度の診療報酬改定に伴い、短期間で頻回に入院のある急性期病床になりました。変革していく中で、「患者さんの立場に立った医療」をコンセプトにその人がその人らしく過ごせる様に、根気よく対応させて頂いています。また、納得のいく治療が受けられる様に、多職種とカンファレンスを行い、患者さんやご家族に看護ケアを提供しています。 私達スタッフの特徴は、とにかくやさしくて、人当たりがソフトです。チームワークは最高です。「思いやりのある看護」を提供し、そして患者さんから信頼されるといったお互いの信頼関係を築く事を大事にしています。

4階東病棟

 主に長期療養やリハビリを目的とした患者様が入院される定床50床の病棟です。日常生活の援助を中心に行いながら、医療処置の多い患者様または血液透析・腹膜透析の患者様の受入れも行っています。 病棟内には特殊浴・機械浴があり患者様の状態に合わせた入浴の援助を行っています。 スタッフは、看護師と介護福祉士・看護補助者がおり、それぞれの専門的な知識を生かし、いつも明るく笑顔で温かい援助を心がけ一生懸命頑張っています。

4階西病棟

4階西病棟は、外科、整形外科、内科の患者様を受け入れる病床50床の病棟です。安心安全な入院生活が送れるよう、患者さまとの会話を大切にし、日常生活援助を充実させ、あたたかい看護を提供したいと思っています。スタッフもイキイキ明るく働くことができ、皆さまに信頼される病棟を目指しています。

病棟の平成28年度の目標として
1、入院から退院までの安心・安全な看護・介護を提供します。
2、いつも明るい笑顔とあいさつで接します。
これらをコンセプトにスタッフ全員で取り組んでいきます。
病棟にお越しの際は、スタッフへお気軽にお声を掛けて下さい。

Copyright(c) 2012 地方独立行政法人府中市病院機構 府中市民病院 All Rights Reserved.