外科

診療時間

外来受付
午前 平田 松田 松田

診療概要

主に、頚部、胸部、腹部の悪性疾患および良性疾患の診断・治療を行っています

具体的には、胃がん、大腸がん、胆石などの消化器疾患や乳がん、甲状腺疾患からヘルニア、虫垂炎、痔核などの肛門疾患です。また、消化管穿孔、急性虫垂炎、腸閉塞などの急性腹症等の緊急手術も行っています。高齢者の場合は、発見が遅れ重症化しやすいこともあり、早めのご紹介、受診をお願いいたします。

診療時

血液検査、超音波検査、画像診断等により診断を行い、症状に応じて、鏡視下手術(腹腔鏡下の胆嚢摘出や比較的早期の胃がん、大腸がんに対する鏡視下手術)および従来からの外科手術を行っています。
鏡視下手術とは、腹部・胸部に数か所穴をあけ、内視鏡を入れて内部をみながら、別の穴から入れた器具で手術を行う方法であり、従来の開腹・開胸手術に比べ患者さんの身体的負担が軽いため入院が短く、回復も早いという利点があります。これは国民医療費の削減につながるともいえます。
また、3人に1人が不快に感じているといわれる痔核に対しては、従来の根治術やメスを使わず薬剤を患部に注射することで痔核を縮小させるジオン注射と呼ばれる治療などを行っています。

その他

根治が困難な悪性疾患に対する抗がん剤治療や、術前・術後の補助化学療法なども行っています。また、終末期の患者さん、ご家族に対して緩和ケア研修を受けた外科医師や内科医師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、作業療法士、ソーシャルワーカーなどがチームを組んで患者さんの療養をサポートしています。

主な疾患

肺、縦隔、乳腺、甲状腺
肝胆膵臓、脾臓、胃、十二指腸
小腸、大腸、虫垂、イレウス(腸閉塞)
ヘルニア(脱腸)、肛門、褥瘡、陥入爪(巻き爪)

こんな症状はありませんか?

食欲不振、血便、腹痛、腹部膨満、嘔吐、吐き気、便秘、下痢
鼠蹊部のふくらみ、乳房のしこり、腋窩のしこり、咳・痰が続く
血痰、息苦しい

手術実績

  平成24年度上期(4月〜9月) 平成24年度下期 (10月〜3月)
全身麻酔 30 38
腰椎麻酔 14 42
局所麻酔 14 42
腹腔鏡下手術 4 5
胸腔鏡下手術 1 2
  平成25年度上期(4月〜9月) 平成25年度下期(10月〜3月)
全身麻酔 49 45
腰椎麻酔 29 23
局所麻酔 45 41
腹腔鏡下手術 15 17
胸腔鏡下手術 1 2
  平成26年度上期(4月〜9月) 平成26年度下期(10月〜3月)
全身麻酔 42 30
腰椎麻酔 34 30
局所麻酔 51 44
腹腔鏡下手術 12 11
胸腔鏡下手術 2 2
  平成27年度上期(4月〜9月) 平成27年度下期(10月〜3月)
全身麻酔 39 28
腰椎麻酔 62 60
局所麻酔 53 53
無麻酔 1 2
腹腔鏡下手術 7 4
胸腔鏡下手術 3 1

医師の紹介

氏名 役職名 出身大学 卒年 学位 専門医・認定医・指導医
松田 正裕 副院長 広島大学 1990.3 日本外科学会専門医
日本透析医学会専門医・指導医
日本大腸肛門病学会専門医・指導医

Copyright(c) 2012 地方独立行政法人府中市病院機構 府中市民病院 All Rights Reserved.