臨床工学科

病院の中には医師や看護師の他に、レントゲン・CT・MRIなどを扱う診療放射線技師、血液や細菌検査・心電図や脳波などの検査を行う臨床検査技師、リハビリテーションを行う理学療法士が働いています。ここでご案内する『臨床工学技士』も病院で働く医療技術者です。 医師以外の診療補助に従事する看護師や各種の医療技術者のことをコメディカルと呼んでいます。臨床工学技士はコメディカル職種の一種であり、現在の医療に不可欠な医療機器のスペシャリストです。今後益々増大する医療機器の安全確保と有効性維持の担い手としてチーム医療に貢献しています。 現在5名で次のような業務を行っています。

血液浄化業務

血液透析や血液透析濾過の透析療法、シャント不全に対しては、造影検査(シャントDSA)、経皮的血管形成術(シャントPTA)の介助、物品管理、潰瘍性大腸炎治療の白血球除去術や難治性腹水症治療の腹水濾過濃縮再静注法を行っています。

       

ME機器管理業務
ME機器の中央管理と固定配置管理

ME機器管理室では、ME機器をいつでも適正に最良の状態で患者さんに使用できるよう、機器の中央管理および固定配置管理というシステムを構築しています。

中央管理

人工呼吸器、輸液ポンプ、シリンジポンプなどのME機器は、臨床工学技士により点検整備が済んだ状態でME機器管理室内に貸し出し用として保管されており、院内各部署で必要時いつでも使用できるようになっています。返却されたME機器はその都度念入りに点検整備し、再び貸し出せる状態にしています。

                  
  
        

固定配置管理

移動することが困難などの理由で、院内各部署に常時配置されたものは、ME機器管理室から臨床工学技士が出向くことにより点検整備を行っています。

ME機器の教育・指導

ME機器使用法に関する教育・実習を担当しています。

Copyright(c) 2012 地方独立行政法人府中市病院機構 府中市民病院 All Rights Reserved.