臨床検査科

近代医療において、臨床検査は病気の診断や治療・予防のためになくてはならないものとなっています。当院臨床検査科では、「検査結果の報告を、スピーディかつ正確に」をモットーに、日常検査項目の充実、緊急検査結果報告体制の整備、検査結果総合報告書の作成など行い、患者様に安心かつ信頼されるよう努力しています。

当院臨床検査科には、臨床検査技師が7名所属しております。そのうちに細胞検査士1名、糖尿病療養指導士1名、超音波検査士1名がおり、日々の臨床検査業務に取り組んでいます。

業務内容は、大きく分けると検体検査と生理機能検査の2つに分かれます。
さらに分けると、検体検査は生化学検査・血液検査・免疫検査・一般検査・細菌検査・細胞診検査に、生理機能検査は心電図検査・肺機能検査・脳波検査・超音波検査に分かれます。

検体検査

生化学検査

血液中に含まれる様々な成分を分析して、肝臓・腎臓などの状態や炎症の程度を調べたりする検査です。
また、糖尿病の診断に必要な血糖値やヘモグロビンA1cの測定を行っています。さらに当院では自己血糖測定器の貸し出しも行っており、当科の糖尿病療養指導士が測定器の使用法などの指導も行っています。

血液検査

血液中に含まれる赤血球・白血球・血小板の数や大きさを調べます。数に異常がある時には染色して顕微鏡で確認し、さらに細かく調べていきます。また血液型や輸血前の交差適合試験なども行っています。

免疫検査

B型肝炎・C型肝炎・梅毒・HIVなどに感染していないかを調べたり、甲状腺ホルモン・腫瘍マーカー・薬物濃度などを測定しています

一般検査

尿中に糖や蛋白・血液が出ていないかを調べます。さらに染色して顕微鏡で観察することによって、がん細胞を見つけたり、膀胱炎・腎臓の状態などを知ることも出来ます。一般検査では、尿以外にも関節液や胸水・腹水等の体腔液の検査も行っています。

細菌検査

肺炎や膀胱炎・食中毒の原因となっている細菌を調べるために、喀痰・尿・便などに含まれる細菌を寒天培地で培養して病原菌を検出し、その菌名と抗生物質に対する感受性を調べています。

細胞診検査

人体から採取された検体中の細胞を染色し、顕微鏡で悪性細胞(がん細胞)を見つけ出す検査です。子宮膣分泌物・喀痰・尿・穿刺液などあらゆる検体を対象とします。身近なものでは子宮がん検診のスクリーニング検査など、癌の早期発見に取り組んでいます。

※主な検査項目と結果の解説についての表が総合受付横に置いてあります。
参考にしてください。

生理機能検査

心電図検査

心臓は一生休むことなく収縮・拡張という活動を続けています。その活動を起こさせる電気的活動を記録したものが心電図です。心電図では、狭心症・心筋梗塞といった虚血性心疾患や不整脈の有無などを調べることが出来ます。
さらに24時間心電図を記録し続けることの出来るホルター心電計の装着も行っています。家にいる時には胸が痛くなったり、脈が飛ぶのに、病院で調べた時には異常がなかったという方にお勧めです。当院で使っているホルター心電計は、装着したまま入浴も可能ですので、夏場でも安心です。

肺機能検査

肺活量などを調べることにより、肺機能障害の早期発見や肺気腫などの病気の診断に役立っています

脳波検査

頭部に電極を装着して、脳の電気的な活動を調べます。てんかんなどの病気の診断に役立ちます。(事前予約が必要です)

超音波検査

肝臓・腎臓などの腹部領域や、心臓・頸動脈などに超音波を照射し、臓器からの反射波を画像化して体内の状態を調べます。肝臓がんや胆石などの診断に役立ちます。(事前予約が必要です)

PSG検査

睡眠時無呼吸症候群の検査も行っています。夜中に何度も目が覚める、昼間眠くなる、周りの人にいびきがうるさいと言われるなどの症状がある方にはまず自宅で出来るパルスオキシメーターを貸し出して、血液中の酸素の状態と脈拍数を測定します。その結果から、睡眠時無呼吸症候群が疑われる方には1泊入院してPSG検査を行い、より詳しい検査をおこなっています。

血圧脈波検査

両腕と両足首の血圧を同時に測定し、ABI(血管の詰まり具合)とbaPWN(血管のしなやかさ)と調べます。閉塞性動脈硬化症や動脈硬化の診断に役立ちます。

当院臨床検査科は、臨床検査技師のチームワークで頑張っています。

Copyright(c) 2012 地方独立行政法人府中市病院機構 府中市民病院 All Rights Reserved.